【簡単サラダ】おうちパーティーに!韓国風チョレギサラダ

©日本食糧新聞社

アンニョンハセヨ! 在日3世コリアンで韓国家庭料理研究家の李亜民です。今回は簡単に見栄え良く豪華に作れる韓国風チョレギサラダをおすそ分けしますね。
わが家では9月はわたしの誕生日、10月は長女7歳! 11月は次女6歳! 12月はクリスマス、そして年末年始と忙しくてたまりません。忙しい中でもイベントは盛大に。子どもたちの喜ぶ顔が見たいから!

チョレギサラダのドレッシングはヤンニョンジャンをアレンジ

ヤンニョンジャンのレシピはこちら
スプーン1杯垂らすだけで料理が無敵になるヤンニョンジャン【レシピ付き】

【材料】(2~3人分)
ヤンニョンジャン 50ml
お酢 大さじ1
シークァーサー果汁 大さじ1
ごま油 小さじ2
塩こしょう 適量
刻みねぎ 適量

材料を器にすべて入れて混ぜれば完成。ヤンニョンジャンをぜひ仕込んでくださいね。万能だれなので仕込む価値あり!

シークァーサー果汁はレモン汁やゆず果汁に変更可。ゆずは皮も刻んで入れるといいでしょう。ごま油もオリーブオイルやえごま油、なたね油でもOKです。

チョレギサラダのかぼちゃはオーブントースターでチン!

かぼちゃは薄く三日月型、皮も残して四角く切ったり食べやすい大きさにしてみたり、形を変えて楽しんでみましょう。

型抜きを使ってもいいですね。星やハートで型をとるとイベントごとにピッタリ! 子どもたちも喜びます。今回は三日月型。お月様だー! と子どもたち、かぼちゃしか食べやしない(笑)

アルミホイルをしいてオーブントースターで焼きましょう。太くコロコロ型で切った場合は電子レンジでチンしてもいいですね。芋系をサラダに足すとお腹にもたまり、食べ盛り伸び盛りのお子さまがいるおうちにもピッタリ!

玉ねぎ、だいこん、にんじんはツナ缶とダシダを合わせてチョレギサラダの盛り付けに!

サラダを作るとき、ツナ缶とダシダのセットはとってもいいコンビ。玉ねぎ、だいこん、にんじんと野菜を変えて作ってみましょう。

だいこんとにんじんを混ぜました。彩りがきれいです。ツナ缶&ダシダにマヨネーズを仲間入りさせてもOK!

チョレギサラダ以外にも使うなら、生ハムで巻く! これまたおしゃれ〜な大人サラダの完成。塩こしょうを振るとパンチが効きます。

今回の生ハムはコープで注文したもの。おうちまで運んでくれる生協やネットスーパーは神ですね。

チョレギサラダといえばサニーレタス!

サニーレタスは年間を通して流通しているのでサラダにもってこいの野菜です。

スモークサーモン&スモークチーズ、トマト、韓国のりのふりかけトルチャバン

海藻もヘルシーで体重&体型が気になるママにいいですね。ミニトマトは子どもののどに詰まらないように1/2、1/4にカットするといいでしょう。

白髪ねぎナムルもチョレギサラダには欠かせない。と言いつつチョレギは浅漬けキムチ(コッチョリ)の方言! 韓国ではチョレギサラダは通じないんですよ。

日本で韓国のサラダ=チョレギサラダ、が定番! と勝手に染み付いていますが。韓国ではサニーレタスをさっとキムチみたいに辛く味付けした家庭料理をサンチュゴッチョリと言います。

しかしここは日本! チョレギサラダで定着しているので韓国風を味わってください。新島のお土産でもらった島唐辛子は白髪ねぎナムルに相性抜群。

畑で採りたて春菊もそのままサニーレタスの上に放り込みました。トルチャバンもかけて簡単韓国風チョレギサラダに。新大久保に出かけたらトルチャバンを探してみてください。

コーンやにんじんでチョレギサラダ

トマトがないと彩りが寂しいですよね。そんなときはコーンやにんじんで代用しましょう。きゅうりの切り方にもご注目。縦切りや輪切りで少しの工夫ですが食卓に並べたとき雰囲気が変わります。

サラダに人気なパーツのアボカドや粉チーズも活かすといいですね。

卵も乗せるとより明るくなります。うずらの卵も子どもたちが喜ぶアイテム。うちでは取り合いになるのでたくさん飾ります。

チョレギサラダにはモッツァレラチーズがおすすめ!

ひとくちチェリータイプのモッツァレラチーズ。とりあえず可愛い♪ おうちパーティーに限らず普段でも可愛いもの好きなママたち、おしゃれ好きなママたち。ぜひ使ってみてくださいね。こちらもコープの宅配です。

ひとくちタイプなので切らなくて済むのが簡単に使えていいですね。食べやすいところも。

たくさんの種類のチーズに生ハム、海藻類、スモークサーモン、トルチャバンなどなど。好きなものを取り入れて、おうちパーティーに自家製豪華チョレギサラダを楽しんでみてくださいね。