空き缶やレジ袋…海ごみ減らそう

©株式会社山陽新聞社

 海ごみの発生抑制や回収処理といった取り組みを広げるため、岡山県は19~24日、実際の海ごみを並べる展示会を倉敷市水江のイオンモール倉敷で開く。

 空き缶やレジ袋など、瀬戸内海沿岸で引き揚げられた海ごみを展示。初日は、海底ごみの回収などに取り組むNPO法人・グリーンパートナーおかやまの藤原瑠美子理事長による講演「未来の海はこれでいいの?」がある。午前11時、午後1時20分、同3時20分から各30分で、参加無料。

 展示会は2月1~7日に赤磐市桜が丘いきいき交流センター(同市桜が丘東)、同13~19日に真庭市立中央図書館(同市勝山)でも行う。問い合わせは県循環型社会推進課(086—226—7306)。