「時代の流れ」外国人46%の街も “平成最後”の成人の日

©株式会社フジテレビジョン

荒れる成人式に、外国人が目立つ成人の日。
平成最後の成人の日を取材した。

シンデレラ城をバックに、振り袖姿で記念撮影する女性たち。

千葉・浦安市では、2019年も東京ディズニーランドで成人式が行われ、ミッキーやミニーたちが、歌とダンスで新成人の門出を祝った。

新成人
「浦安住んでて良かったです!」

日本一高いビル、大阪のあべのハルカスでは...。

新成人
「めっちゃ大変です。ちょっと後悔しているくらい」

地下1階から地上60階の展望台まで、歩いて階段をのぼる「地上300m成人式」が行われた。

2019年に成人を迎えたのは、2018年より2万人多い、およそ125万人。

2019年は、「平成最後の成人式」となるが、荒れた会場も。

およそ3万7,000人が成人し、全国最大級の「マンモス成人式」となった神奈川・横浜市。

林文子市長があいさつしていると、突然、一部の新成人がステージに向かって突進。

さらには、制止する警備員や警察官ともみ合いになるなど騒然となり、式典が一時中断した。

東京・新宿区で行われた成人式。
新宿区では、区内に住む新成人4,109人のうち、46%の1,868人が外国人だった。

シエラレオネ出身の新成人
「多くの人が着物を着ると思ったので、わたしは違うものが着たくて、自分の国の衣装を着ました。いろんな場面で着られる服です」

出席した外国人の多くは、自国の民族衣装やドレス姿だったが、中には、振り袖を着た女性も。

アメリカ出身の新成人
「みんな、すごくきれいだと思ったから、わたしもやりたいと思った」
「(両親には写真とか送った?)たくさん送っています」
「(お母さんから)なんか、すごくきれい。日本の人形みたいと」

日本で成人式に参加する外国人の姿は、ほかにも。

14日、東京スカイツリー近くにある台東区の着物のレンタル店では、台湾から来日した3人の女性が、成人式で着る振り袖を選んでいた。

ピンクの振り袖を選んだのは、母親と一緒に来日して1年になるという、呉沂樺さん。

呉沂樺さん
「初めて着たので、少し緊張します。(着物が)とてもキツいです」

娘の振り袖姿を見た母親
「とてもきれい! きれいです」

呉さんは、区から成人式の招待状が届いたことから、振り袖を着て参加してみようと思ったという。

こちらの店で、外国人が成人式の振り袖をレンタルするのは、2019年が初めてだという。

浅草愛和服 畑和男社長
「びっくりしている。時代の流れが変わってきたのかなと」

日本で暮らす外国人は、今後さらに増えるとみられ、各地の成人式も、さらに国際色豊かに様変わりしていくとみられる。