サッカー界にはインド、中国、アメリカが必要だ!あの名将が提言

©株式会社コリー

『ESPN』は13日、「フィリピン代表監督のスヴェン=ゴラン・エリクソン氏は、サッカー界はインド、中国、アメリカを必要としていると話した」と報じた。

現在フィリピンを率いてアジアカップを戦っているエリクソン監督。この6年間で中国のクラブを3つ指揮するなど、アジアで積極的に活動している。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

彼は先日インド代表がタイを相手に4-1で勝利した試合について以下のように話し、サッカーがナンバーワンスポーツでない国の成長が必要だと語ったとのことだ。

スヴェン=ゴラン・エリクソン 「とてもいいことだね。特に、サッカーがナンバーワンスポーツでない国ではそうだ。

インドの全土で、タイに勝った試合が話題になっていることを願うよ。

サッカーにおいては、大きな幸運が巡ってくることがある。なぜか1-0で勝つこともある。

しかし、インドはあの試合を完全に支配したし、4つのゴールを決めてみせた。ワオ!」

「世界中があの試合を見て思っただろう。フィジカルもいい。技術もいい選手がいる。ハードワークもする。

そしてタイは…私が思うに、あのようになって驚いていただろうね。100%の状態でない時には、何かを変えて試合に勝つことは難しいのだ。それがインドにとってのメリットになった」

(インドはベスト16で中国と対戦するかもしれないね。あなたは広州、上海、深センで指揮をとってきた)

「それは素晴らしいね。インド対中国か。

ワールドカップのことは言うべきではない。残念なことにあれは欧州選手権にブラジルとアルゼンチンを足しただけの大会だ。彼らだけが勝てる。

サッカーが変わっていくことを望むよ。インド、中国、アメリカについて話せば、彼らは大国であるが、サッカーは変わらなかった。

インドでサッカーを本格的にやれば、一体どれだけのメッシが出てくるだろうか?もしプレーできるチャンスを与えれば?

いや、インドも中国もアメリカも、サッカーを必要としているわけではない。サッカーがこの3カ国を必要としているのだ。

なぜなら、もっと大きく成長させてくれるからだ。サッカーが、みなさんを必要としているのだ」