家族が感染 どう防ぐ? インフルエンザ感染拡大

©株式会社フジテレビジョン

流行中のインフルエンザ。
万が一、家族がインフルエンザにかかってしまった場合、どんなことに気をつけて看病すればよいのか。

東京都福祉保健局によると、できれば患者は、個室で休養してもらうということ。
看護する人は、できれば1人が望ましいという。

また、マスクは使い捨てマスクが重要だということ。

そして、おう吐物を処理するときは、必ず手袋をする。
患者が使ったタオルやコップは、基本的には分ける。

また、使用済みのタオルや食器を洗う際は、通常の洗濯、洗浄で消毒できるため、一緒でも大丈夫だという。