金沢区民栄誉賞 3団体・4人が受賞 賀詞交歓会席上で授与式

横浜市金沢区・横浜市磯子区

©株式会社タウンニュース社

受賞者と國原区長=中央

 2018年度金沢区民栄誉賞の授与式が1月5日、金沢地区センター(泥亀)で開かれた区賀詞交歓会の席上で行われた。昨年、文化やスポーツの分野で活躍した金沢区の3団体・4人が表彰された。

 同賞は顕著な成績を残し、金沢区民に夢と希望と感動を与えた個人・団体を表彰するもの。団体に贈られる「山桜賞」は、FUN FUN KIDS(競技エアロビック)、関東学院六浦中高鉄道研究部、横浜創学館高チアダンス部の3団体が受賞。また個人が対象の「牡丹賞」は、釜利谷中3年の梅澤彩音さん(空手)、関東学院大1年の川崎清純さん(ラグビー)、西金沢学園中2年の鈴木海翔さん(ヨット)、釜利谷中2年の高林歩実さん(競技エアロビクス)の4人に贈られた。また席上では、FUN FUN KIDSがパフォーマンスを披露した。

 ▽FUN FUN KIDS=競技エアロビック「全国こどもチャレンジカップ全国大会」(7月)でアクティビティ部門とエアロビクス部門で優勝。「小さい頃から一緒にやってきた。大会直前に反発もあったが、本番では演技が揃った。2部門優勝は目標だったので、達成できて嬉しい」▽関東学院六浦中高の鉄道研究部=「全国高校鉄道模型コンテスト」(8月)のNゲージモジュール部門で最優秀賞。「限られたスペースで表現できた。なごやかなチームだが、それぞれが意見を出し合って議論して作品を作ることができた」▽横浜創学館高チアダンス部=「全国高校ダンスドリル選手権大会」(8月)のソングリーダー部門スモール編成で初優勝。「頑張ってきたことが区に認められ誇りに思う。全員が一つに向かってめげずに最後まで頑張った。つらいことを乗り越えてチームワークが深まった」

 ▽梅澤さん=「カラテドリームフェスティバル2018国際大会」(6月)組手部門中3女子重量級で優勝。栄誉賞は3回目。「受賞はとても嬉しい。4歳から続けてきてよかった。世界で戦える選手になりたい」▽川崎さん=「アジアラグビーセブンズシリーズ2018韓国大会」(9月)に男子セブンズ日本代表メンバーとして出場し、優勝。式は欠席▽鈴木さん=「全国中学校ヨット選手権」(7月)のOP級男子の部で優勝。「想像以上に強い人がいたので、勝てて安心した。将来はオリンピックに出られる選手になりたい」▽高林さん=「全国こどもチャレンジカップ全国大会」(7月)のチャレンジサーキットユース部門エアロビクス優勝。「個人での受賞は初。ベストな状態で大会に臨めたが、まだ直すところはあった。振り付けをものにして、自分の世界観を出したい」