安い牛肉が劇的に柔らかくなる方法。予算1000円のすき焼き術

©株式会社サンケイリビング新聞社

子どもに牛肉を食べさせたら、かみ切れずにいつまでもモグモグ…。すき焼きで、そんな経験ありませんか?そんなかたいお肉も今回のレシピならあっという間に完食、とてもやわらかくなりました!簡単なのでお試しを。

100g 130円の輸入牛を買う?買わない?

肉食のわが家。3人の子どもたちは食べ盛りになり、お肉の消費量が増えています。安売りの鶏肉・豚肉ローテーションですが、たまには牛肉も出してあげたい母心…。

近所のスーパーだと、国産牛は100g 300円以上。安売りでも高い。そんな時頼るのが輸入牛。この時は100g 130円。豚肉よりも安い!

見事な赤身肉。かたそう…?

買う?買わない?

売り場で数分フリーズして考えた末、購入。さて、どう調理しようかしら。

野菜たっぷりすき焼きのレシピ

お肉をやわらかくする秘密は後ほど。今回、私が作った方法はこれです。

  • 材料 4~5人分
  • 牛肉
  • 360g
  • 塩(下味)
  • 小さじ2
  • 砂糖(下味)
  • 大さじ1
  • ゴボウ
  • 1本または1パック
  • マイタケ
  • 1パック
  • エノキ
  • 1パック
  • シュンギク
  • 1パック
  • しらたき
  • 1/2パック
  • 豆腐
  • 1パック
  • A
  • だし汁
  • 1カップ
  • 砂糖
  • 大さじ2
  • みりん
  • 大さじ4
  • 料理酒
  • 大さじ4
  • しょうゆ
  • 大さじ6
  • B
  • 人数分(好み)

作り方

所要時間15分

STEP1: 割り下を作る。Aのうち、酒とみりんを火にかけ、沸騰したら残りの材料を加え、再度沸騰させる(割り下は市販品でも良い)

STEP2: ゴボウはささがきにし、酢水にさらしアクを抜く(カットごぼうなら楽チン)

STEP3: エノキとシュンギク、しらたきはザク切りにする

STEP4: 豆腐はクッキングペーパーにはさみ、レンジで3分チンして重しをして水切り(わが家は必ず絹豆腐。水分は抜けても絹豆腐の滑らかさはそのまま)

STEP5: 鍋を熱し、油をひき、下味をもみこんだ牛肉(方法は後述)とほぐしたマイタケを炒める

STEP6: シュンギク以外の残りの野菜を加え、割り下を注ぐ

STEP7: 最後に豆腐とシュンギクを加え、軽く煮たら、完成!

安い牛肉をやわらかくした「小ワザ」は3つ

【その1】牛肉をフォークでプスプス

特に赤身の強い肉は、繊維が強いので、かみ切れない原因に。

フォークで刺します

全体的にフォークでプスプスと刺すだけで、繊維が切れ、やわらかくなります。

【その2】マイタケのタンパク質分解酵素のパワー

正式名称「マイタケプロテアーゼ」。マイタケに含まれるタンパク質分解酵素は、お肉をやわらかくする作用があります。方法は簡単!生の肉にマイタケをのせて2時間以上置くだけ。調理する日の朝や、前日夜に仕込めばOK。

今回はジップつきの袋に牛肉とほぐしたマイタケを入れ、よく混ぜ混ぜ

【その3】塩と砂糖の保水効果

塩と砂糖でお肉をもみこみます。塩がお肉のタンパク質を溶かし、粘りを持たせ保水力を高めます。そして砂糖がタンパク質と水分を結びつけ、かたく締まるのを防ぎます。この効果で、かたくなりがちな牛肉がジューシーな仕上がりに!

マイタケに加えて、塩小さじ2、砂糖大さじ1を加えて、よ~くモミモミして、寝かせました

いざ、実食!子どもたちの反応は?

お皿に取り分け、子どもたちに提供したところ…モリモリ食べていました。かみ切れないといった事もなく。お肉のおかわりまで!

やったー!成功!!

心配だったマイタケの臭みは気にならず。レシピ的にゴボウも加えたので臭みが緩和されたものと思います。

野菜が多いので「すき焼き」ですがこのまま「すき煮」のように食べられます。卵好きな娘たちは卵と食べていました。

高級牛肉もいいけれど

今回の作り方だと、お肉がこのようにダマになってしまうし、個人的に国産牛のとろけるうま味には勝てないように思いますが、子どもたちがおいしいとすんなり食べてくれたので、このレシピは成功とします。

子どもの喫食時間短縮こそ、最大の時短!

ではないでしょうか?しかも今回かかった材料費は全部で1000円ちょっと。安くて時短、私も大満足。ぜひお試しください!

(文/みつかママ)