【簡単チキン南蛮】揚げないでフライパンで作れば時短に!

©日本食糧新聞社

富山在住、子どもとクッキングママのsanaです。今回は子どもに人気のあるチキン南蛮の簡単レシピをご紹介します。
チキン南蛮を作るとなると鶏肉を揚げたり、甘酢たれを作ったり、卵を茹でてタルタルソースを作ったりとかなり時間がかかります。なかなか気軽には作れないな…というメニューですが、今回は面倒なことを全部カットして簡単レシピに改良してみました! 簡単ですがおいしくてご飯が進む味に仕上がっていますよ。ぜひご家族で食べてください♪

チキン南蛮を簡単に仕上げるコツ!

普通に作ると手間のかかるチキン南蛮ですが今回は驚くほど簡単なレシピにしてみました。どのように簡単にしたかをお伝えします。

・むね肉に味を染み込ませたり片栗粉をまぶすのはビニール袋でおこないます。ボウルや手が汚れずスピーディに仕上がりますよ。

・油で揚げるのではなく、フライパンで両面カリッと焼きます。少し多めの油で(大さじ3)揚げ焼きすることで揚げたようにカリッと仕上がります。油の処理も要らないので楽です。

・甘酢たれはポン酢使用で簡単に! 甘酢たれはポン酢に砂糖を混ぜて作ります。

・タルタルソースの茹で卵は、茹でずに電子レンジで作ります。普通に茹でるとお湯を沸かしてから10分位かかりますが、電子レンジなら1分程で完成します。

簡単チキン南蛮を作ってみましょう♪

【材料】(2人分)
むね肉 1枚
酒 大さじ1
醤油 大さじ1
片栗粉 大さじ3
サラダ油 大さじ3

ポン酢 100cc
砂糖 大さじ2

卵 1個
マヨネーズ 大さじ4
刻み玉ねぎ 大さじ1
刻みキュウリ 大さじ1
塩コショウ 少々

【作り方】
1.むね肉はそぎ切りにしてから酒と醤油と一緒にビニール袋に入れて揉みこみ下味をつける。その後片栗粉を入れて全体的にまぶす。

2.フライパンにサラダ油を入れてから、むね肉を入れて両面カリッと焼く。

3.ポン酢に砂糖を入れて混ぜ合わせた甘酢たれをフライパンに入れて、照りが出るまで煮つめる。

4.タルタルソースを作る。耐熱容器に卵を割ってから箸で数回混ぜて電子レンジで1分程加熱する。

5.卵に火が通ったらフォークで細かく混ぜて、マヨネーズ、刻み玉ねぎ、刻みキュウリ、塩コショウを加える。

子どもと一緒に作ろう!お手伝いポイントはどこ?

手順を見ていただいて分かる通り、とても簡単な作り方になっています。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。こちらに子どもと一緒に作る際のお手伝いポイントを記載します。

<ポリ袋にむね肉、調味料、片栗粉を入れてモミモミ!>
むね肉に下味を付けていくところはビニール袋を使うので子どもにもお手伝いしやすいです。揉んでいる間にビニール袋が破れてしまわないように厚手のビニール袋か、2重にして作るといいですよ。

<ポン酢と砂糖を混ぜた甘酢たれをフライパンに入れる>
カリッと焼いたむね肉に甘酢たれを入れるとジューッ! という音とともにむね肉に味が付きます。あっという間に照りのあるおいしそうな見た目になるので、この変化をぜひ見せてあげてください。たまに甘酢たれがはねる場合があるので注意しておこないましょう。

<タルタルソースを一緒に作ろう!>
耐熱容器に卵をポンっと割ってみましょう。もし失敗しても目玉焼きを作るわけではないので大丈夫です(どうせ箸で数回混ぜてしまうので)。加熱した卵をフォークで細かくしたり、マヨネーズや具材と混ぜるところもお手伝いしてもらいましょう。

チキン南蛮を作るときにむね肉を使うと聞くと、パサついてしまうんじゃないのかな? と思われがちですが大丈夫! 下味を付けていることと、周りに片栗粉をまぶしていることでむね肉の水分を外に逃がしません。

そのため中はこの通りふっくらしっとり~♪ たっぷりのタルタルソースに付けて食べるとほっぺが落ちちゃいそうです! ご飯が進むのでおかわり分のご飯も炊いておくといいかも!?