プレミアで最も不気味な中堅クラブ 狙うはマンC相手に2度目のサプライズ

©株式会社FACTORIES

格上相手に結果出すウォルバーハンプトン photo/Getty Images

今季プレミアリーグの上位陣を脅かす存在となっているのが、昇格してきたウォルバーハンプトンだ。まず最初のサプライズとなったのは8月のマンチェスター・シティ戦で、微妙な判定があったものの1-1のドローに持ち込んだ。その後もマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルと引き分け、チェルシーには勝利。FA杯ではリヴァプールも撃破している。

そのウルブズは14日にマンCと対戦する。普通に戦えばマンCが勝つはずだが、ウルブズは今季何度もサプライズを起こしてきているチームだ。今回も予想外の結果が起きるかもしれない。

英『Manchester Evening News』によると、ウルブズを指揮するヌーノ・エスピリート・サントは「前回のシティ戦でプレミアリーグで戦えると気付いた。結果とパフォーマンスが序盤戦の助けに繋がったのは間違いない」と語っており、マンC戦でウルブズは自信をつけたのだ。

ウルブズはリーグ戦でも11位と良い順位につけており、これは上位陣相手からも勝ち点を拾っていることが大きい。今回もマンCは油断できないだろう。マンCは前回のリヴァプール戦に勝利して勝ち点差を詰めたが、ウルブズ戦で再びのサプライズが起こるかもしれない。