ホテルメニューに採用 宮崎商高生3人考案料理

©株式会社宮崎日日新聞社

それぞれが考案した料理を持つ(左から)遠竹、山田、谷さん

 宮崎市・宮崎商業高(鶴田雄一校長、825人)3年生3人が考案した本県特産の「京イモ」を使った料理3品が16日から、同市の宮崎観光ホテルのレストラン「一木一草」で提供される。京イモはサトイモの一種で、ほのかな甘みや独特の食感で人気が高く、多くが東京、大阪で消費される。3人は「認知度を上げ、県内の消費拡大にもつなげたい」と喜んでいる。