KDDIが春高バレーで新たな観戦体験を提供 AR技術と4DREPLAYって何?

©株式会社運動通信社

KDDIが1月12〜13日に開催された、第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会の準決勝、決勝戦において、AR観戦や4DREPLAYの配信を実施。 新たな観戦体験とは何なのか、実際に会場に行って試してみた。まずはAR観戦。スポーツ観戦好きにはたまらないマルチアングルでの試合観戦が可能に。自分の席からは見られない角度から試合を観戦できるので、「今のプレーをあっちから見たかったなぁ」と思うこともなくなる。さらに観戦を助けてくれるのは、現在のスコア情報とテキスト実況だ。会場ならではの臨場感はあるが、実況や解説を聴きながら観戦するわけではないので、AR観戦によって情報不足が解消、より試合の理解を深めることができる。 また、スマートフォンをかざせば会場内のAR空間にマスコットキャラクター「バボちゃん」のメッセージ画像を投稿して応援することができる「ARエール」、これがとてもキュートだ。 試合が終わる頃には使い方にすっかり慣れてしまい、片手にスマホは必須に。

次は4DREPLAYをチェック。これもまたスポーツ観戦好きにはたまらない技術、自由視点映像を楽しむことができるのだ。観たいタイミング、観たいアングルを自分の指でスワイプするだけ。驚いたのは、実際のプレーから数分で自由視点映像を編集し、これでもかというほど様々なアングルでプレーを鑑賞することができる。これはタイムアウトの間や、セットとセットの間に見ることで、選手達の癖や特徴を見つけることができるので、バレーボール通や春高バレーを目指す選手たちにとっては最高の技術になるだろう。 5G時代を見据えたKDDIの新たな観戦体験の提供、スポーツ観戦好きにとってはもちろんスポーツファン創出にも繋がるはずだ。