モテる男だけが持つ「働き方」の習慣

©株式会社オールアバウト

モテる男は普段、どのような仕事のやり方をしているのでしょうか? 責任の負い方、時間の使い方、仕事術の学び方など、魅力的な男だけが知っている、働き方についてお伝えします。

モテる男はどんな「働き方」をしている?

モテる男はどのような「働き方」をして、女性だけでなく同僚の男性にも人気となるのでしょうか。具体的なその習慣について、お伝えしていきます。

モテる男は「100%」責任を感じる

どのような場面でも、人はできるだけ責任を背負いたくないと考えるものです。では、あなたは自分の取り持つ仕事では、どれくらいの責任を負っているでしょうか?

モテる男は自分の仕事について、「100%」の責任を感じます。なぜなら、人は取ろうとした責任の分だけパワーが沸いてくるものだからです。「10%」のパワーで仕事をする人と、「100%」の仕事をする人。どちらの方が魅力的でしょうか? モテる男はこの心の作用について、理解しています。

部下がミスを起こしたとしても、それは「100%」自分の責任だとして、フォローをします。悩みがあれば、それは自分の悩みとして、解決するまでとことん一緒に悩み抜くのです。

「でも責任を背負うと、その分だけ怒られないか不安だなぁ」。そう思う人は、安心してください。不思議なことに、責任は取ろうとした分だけ、怒られることに対する不安が心から消えていきます。正面から「もしも失敗したときにどうなるか?」というネガティブな気持ちに向き合うことで、覚悟ができるからでしょう。

この心の作用は、仕事だけでなくプライベートや人生全般に使えます。あなたは仕事を含めて、自分の人生にどれだけ責任を取ろうと思いますか?

モテる男は「時給」で考える

あなたの時間の価値は、どれくらいでしょうか? 会社員の方であれば、毎月の給与を時給に換算して考えてみましょう。もしも2000円だったとすれば、それ以下の価値しか生み出さない作業をやってはいけません。

「時は金なり」と言いますが、これはあなただけでなく相手にも言えます。同僚との雑談に興ずるあまり、相手が価値を生み出す時間を奪ってはなりません。自分の時間が持つ価値を理解すれば、他人の持つ時間の価値にも気を配れるはずです。

もしも話をするのであれば、相手の時給が上がるような話しをしましょう。あなたが営業職であれば、「このトークをすれば契約率が上がる」「あのタイプのお客さんには、ちょっと引く姿勢を見せるぐらいが良い」など、有益な情報を交換するです。

プライベートでも同じで、「今ひま?」といたずらにLINEのメッセージを送ったり、いきなり電話をするのは避けましょう。相手の持つ時間の価値を、働いていない時も考慮するのです。

時間とは、人生そのものです。人生は有限ですが、ついつい私たちはそのことを忘れてしまいがちです。

さて、あなたの時給はいくらでしょうか? 勤務時間にやっていることは、時給に見合ったものでしょうか? また、時給を上げるためにどんな行動を取ろうと思いますか? 今一度、行動を見直してみましょう。

モテる男は「一流の仕事を盗む」

自己流を貫く人ほど、なかなか仕事の腕は伸びません。オリジナルであろうとするあまり、他の人の良いところを見て学習できないからです。自分でやり方を開拓することが、、カッコイイのだと考えています。

反対に、モテる男はまずは我を消して、自分よりも仕事ができる人に注目します。そして、積極的に一流の仕事を盗むのです。なぜなら、その方が結果を出すのは早いですし、オリジナルは一流の仕事を盗んだ先にあると考えているからです。

自分らしさというのは、意図して出すというよりも、自然に出てきてしまうもの。例え他の人の仕事のやり方を真似したとしても、完璧に真似ることはできません。その人だけが持つちょっとした無意識の癖や、考え方などの内面をすべて理解することはできないからです。

モテる男はそれを理解しているので、最初は一流の仕事を盗むことに全力を注ぎます。そして、その上でより自分に合った方法を模索し、オリジナルの型をつくるのです。

(文:今井 翔)