青森山田 2年ぶり王座奪還/全国高校サッカー、千葉・流経大柏を3―1で下し2度目

©株式会社東奥日報社

流通経大柏を破って2度目の優勝を果たし、笑顔で記念写真に納まる青森山田イレブン=埼玉スタジアム
【青森山田-流通経大柏】2点目のゴールを決め雄たけびを上げる青森山田のMF檀崎。奥はDF豊島

 第97回全国高校サッカー選手権は最終日の14日、さいたま市の埼玉スタジアムで決勝を行い、青森県代表の青森山田が流通経大柏(千葉)を3-1で破り、2年ぶり2度目の全国制覇を果たした。

 青森山田は前半32分、流通経大柏のDF関川郁万に頭で決められ、先制点を許した。しかし同40分、FW佐々木銀士(東京都出身)が右サイドを突破。グラウンダーのパスをMF檀崎竜孔(りく)(宮城県出身)が左足で押し込み、同点に追い付いた。

 後半18分には、ドリブルで右サイドを崩したチリ人MFバスケス・バイロンからのパスを、再び檀崎が決めて勝ち越し。さらに同43分、途中出場のFW小松慧(けいと)(埼玉県出身)がダメ押しの3点目を奪い、突き放した。

 黒田剛監督(48)は試合後の会見で「サッカーにおいて、雪国が育成には最高の条件だということをそれなりに発信できたと思う」と述べた。