【MLB】なぜ広島を1年で自由契約となったブレイシアを…世界一Rソックスの補強“秘話”

©株式会社Creative2

レッドソックスのライアン・ブレイシア【写真:Getty Images】

1年前の獲得“秘話”を地元メディアが特集「クローザー候補を発掘した1周年記念」

 2018年、圧倒的な強さを見せて世界一に輝いたレッドソックス。レギュラーシーズン108勝(54敗)を挙げた最強軍団の中でキーマンの一人となったのが、ライアン・ブレイシア投手だ。メジャーで目立った実績はなく、2017年にプレーした広島も1年で自由契約となった右腕をレッドソックスはなぜ獲得したのか。ボストンの地元ラジオ局「WEEI」の電子版が特集している。

 ブレイシアは2013年にエンゼルスでメジャーデビューを果たし、7試合登板で防御率2.00という成績を残したものの、その後はマイナー生活に。2017年に広島に加入したが、26試合登板で2勝1敗1セーブ2ホールド、防御率3.00という成績で1年で自由契約となった。そんな右腕を昨オフにマイナー契約で獲得したのが、レッドソックスだった。

「レッドソックスがクローザー候補を発掘した1周年記念」とのタイトルで特集を掲載した「WEEI」では、レッドソックスのスカウトを務めるスティーブ・ペック氏への取材から、当時を振り返っている。

 1年前、フロントオフィスから視察するためにブレイシアの名前を聞かされたペック氏は、その名前をしっかり覚えていたという。取材に対して、同氏は「2、3年前に彼がエンゼルスにいる時に見たことがあった。彼が日本に行き、広島にいる間は見ていなかったが、チェックはしていた。彼のことを知っていたし、見に行きたいと思った」と話している。レッドソックスがブレイシアに興味を持ったきっかけは、本人からファームディレクターに直接送られたメールだったという。

「ライアンは本当に『ただ投げたい』という感じだった」

 記事では、ブレイシアの35~40球のピッチングを間近で見たペック氏が、確かな手応えを感じていたことが記されている。「ニーズにフィットするかどうかなんだ。ブレイシアは我々にフィットすると思った」と。さらに、実際の印象について同氏は「目立ったのは彼の肩の強さだった。彼のように1月に94~95マイル(約151~153キロ)を投げるベテラン投手は通常見られない。通常は88~89マイル(約142~143キロ)であり、どのくらい投げられるのかはグレーゾーンとなる。この男が健康であるということに関して、グレーゾーンは少なかった。それが目立った」と明かしている。

 ブレイシアの“アピール”は見事に成功。レッドソックスのスカウトが、獲得に向けてライバルが現れるのではないかと心配するほどの出来だったという。ただ、結局は1か月経っても獲得球団は現れず、レッドソックス入団に至ったと、特集では伝えている。

 マイナー契約で米復帰を果たした右腕は、開幕は傘下3Aポータケットで迎えたものの、34試合登板で2勝5敗13セーブ、防御率1.34という圧倒的な成績を残して7月にメジャー昇格。レッドソックスでも34試合に投げて2勝0敗10ホールド、防御率1.60とマイナーとほぼ変わらない成績を残し、地区制覇に貢献した。そして、プレーオフでも計9試合に登板し、許したのはわずか1失点というパフォーマンスを披露。レッドソックスは世界一へと駆け上がった。

 ペック氏は記事の中で「彼は『これが必要だ』や『これが欲しいんだ』ということを言わなかった。ライアンは本当に『ただ投げたい』という感じだった。それで、彼は自信を持っていると感じた。彼は自分の投球で証明する準備ができていると言っていた。そうした点で彼は本当に魅力的だった」と1年前を振り返っている。昨季の活躍から、クレイグ・キンブレルがFAとなった今季はクローザー候補にも挙げられているブレイシア。サクセスストーリーは、まだ始まったばかりなのかもしれない。(Full-Count編集部)