【デトロイトモーターショー2019】トヨタ「GRスープラ」を世界初披露

©株式会社モータープランニング

トヨタは2019年1月14日、米国ミシガン州のデトロイトで開催されたデトロイトモーターショーで新型スープラを世界初披露した。国内販売は2019年春予定と発表され、国内仕様のスペックは公開された。
[(https://autoprove.net/toyota/supra/178983/attachment/_j1a5215/)

新型スープラはトヨタ Gazoo Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルとして発売される。ガズーレーシングのこれまで蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、心から楽しんでもらえるクルマ「GR SUPRA」として新たに誕生した。

新型スープラは5代目となり、2002年の生産終了から17年ぶりの復活となる。スープラは初代から直列6気筒エンジンを搭載し、FRレイアウトが共通項目で、新型でもこの2つの項目は継承されている。また、ホイールベース、トレッド、重心高の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーに相応しいハンドリングを実現しているという。

開発責任者の多田哲哉氏は、
「走る楽しさを極めたピュアスポーツカーを追及しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるかという感性性能を重視しています」
と語った。

車両概要

デザインコンセプトはCondensed Extreme L6 FR TOYOTA Sports」で、直訳すれば極端な凝縮となる。ショートホイールベース、大径タイヤ、2シーターパッケージ、ワイドトレッド、ロングノーズ、ショートデッキというシルエットに直列6気筒エンジンを搭載しているということだ。
[(https://autoprove.net/toyota/supra/178983/attachment/_j1a4677/)

ボディはアルミとスチールで骨格構造をなし、異なる素材の接合強度を追及したことで、「86」の約2.5倍ものボディ剛性を実現している。またCFRPを採用したレクサスLFAをも上回っているという。
[(https://autoprove.net/toyota/supra/178983/attachment/_j1a4694/)

搭載するエンジンは直列6気筒のツインスクロールターボで、最大トルク500Nmを僅か1600rpmで発揮する。また直列4気筒エンジンもライアンアップし、2.0Lツインスクロールターボには258ps(190kW)と197ps(145kW)の出力違いも用意された。

サスペンションではバネ下重量の低減、高い組み付け剛性、精緻な動きを追求して新設計されたダブルジョイント式ストラットがフロントに採用されている。リヤはマルチリンク式だ。また一部のグレードには、アダプティブバリアブル・サスペンションシステムが搭載され、ドライブモードや路面状況に応じて、4輪のショックアブソーバーの減衰力を最適に制御する。

開発にはユーザーが実際に走る環境を重視し、一般道を徹底的に走り込みを重ねたという。またニュルブルクリンクにおけるレーシングスピードでの走り込みも、もちろん行っているが欧州のカントリーロードやアウトバーン、北欧の氷雪路、米国のハイウエイ、日本のワインディングロードなど世界中のあらゆる道を走り、日常的な乗り方でもクルマを操る楽しさが感じられるようにチューニングしてきたという。

【新型スープラ日本仕様 主要諸元】

[(https://autoprove.net/toyota/supra/178983/attachment/%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%95%e6%a7%98%e4%b8%bb%e8%a6%81%e8%ab%b8%e5%85%83/)
▼デトロイトモータショー2019