韓国 電波情報交換受け入れず 日韓“レーダー照射”協議

©株式会社フジテレビジョン

レーダー照射問題をめぐる日韓防衛当局の実務者協議は、2回目も平行線で終わった。

シンガポールで行われた協議の中で、防衛省は「火器管制レーダー特有の電波を確認した」として、あらためて韓国側に再発防止を求めた。

そのうえで、日本側は、客観的な証拠となる双方の電波情報を交換する提案を行ったが、韓国国防省は、「レーダーを照射した事実はない」として受け入れず、議論は平行線で終わった。