中国の新車販売台数 28年ぶり減少 国内経済の減速浮き彫り

©株式会社フジテレビジョン

世界最大の自動車市場である中国で、2018年の新車販売台数が、28年ぶりの減少。

中国汽車工業協会は、2018年の新車販売台数が、2,808万台で、前の年に比べて、2.8%減少したと発表した。

通年での市場の縮小は、1990年以来、28年ぶり。

主な要因について協会は、2018年、小型車の購入減税が廃止されたことや、米中貿易戦争による景気の不透明感から、消費者が高額消費を控える傾向にあることなどを挙げている。

習近平政権は、肝いりで消費の拡大を進めているが、国内経済の減速が浮き彫りになった形。