<全国高校サッカー>青森山田、成長示すV 強心臓の檀崎2発、エースの仕事

©株式会社河北新報社

青森山田-流通経大柏 前半40分、同点ゴールを決める青森山田・檀崎。GK松原(坂本秀明撮影)

 同点弾と決勝ゴール。落ち着き払った動きはさすがエースの仕事だ。2得点で青森山田を2度目の頂点に導いた檀崎は「チームが苦しい時に決定的な仕事をするのが青森山田の10番。お膳立てしてくれた仲間に感謝したい」とはにかんだ。

 Jリーグ入りする自身の立ち位置を十分に理解している。「注目されている中で、みんなが見るのは結果(ゴール)」。平然と言い放つことができる強心臓だから、5万4000人の大観衆にも浮足立たない。

 ゴールシーンは平凡に見えても「練習から1本中の1本を決めようと心掛けていた」。ポジショニングとシュートの精度は周到な準備のたまものだ。黒田監督は「少ないチャンスをものにする素晴らしいプレー」と賛辞を贈った。

 大舞台での活躍に「(運を)持っている、としか言えない」と笑う。来年の東京五輪やワールドカップ日本代表入りへの意欲を問われると「まだまだですよ」と笑顔でかわした。

 数々のスター選手を輩出した大会で最も輝いた背番号10が、日の丸を背負う日が今から待ち遠しい。(剣持雄治)