<全国高校サッカー>青森山田、平常心を貫き逆転勝ち

©株式会社河北新報社

青森山田―流通経大柏 後半43分、得点を決めチームメートと抱き合って喜ぶ小松(左から2人目)

 先制されても焦ることがない。青森山田が逆転勝ちで選手権王者に返り咲いた。黒田監督は「心を乱さず最後まで平常心を貫いてくれた」。イレブンを褒めたたえた。

 流通経大柏は豊富な運動量からなるハイプレスが武器。バスケス、檀崎の両翼に強い圧力がかかったが、サイドチェンジを重ねてはぐらかした。揺さぶりに耐え切れず、相手のマークは次々とずれていった。球際の強さも特筆すべきもので、こぼれ球の争奪戦を制し続ける。堅守を見事に崩した3得点だった。

 黒田監督は今年のチームを「選手それぞれ負けん気が強いが、少しやんちゃなところがある」と評する。昨夏の全国高校総体は2回戦で昌平(埼玉)に2-0から4失点して逆転負け。分厚い戦力も、うまくかみ合わないともろさを見せる。

 「ちょっとした油断でも取り返しがつかなくなる」。黒田監督は手綱を締め続けてきた。今大会は準々決勝から3戦続けて先制されたが、したたかに反撃できる心の成長があった。

 試合終了のホイッスル。ピッチに崩れ落ちたのは青森山田の選手たちだった。「最後を最高の形で終わることができた」(飯田主将)。その感慨があったからなのだろう。メダルを胸にした表情は、みな誇りに満ちていた。(山本武志)