MLBで現在「最もエゲツないボール」、牧田和久の“魔球“も現役選手の票を獲得

©株式会社Creative2

昨季パドレスに移籍したの牧田和久【写真:Getty Images】

MLB公式サイトの選手アンケート企画、牧田の93キロのカーブも登場

 メジャー2年目のスプリングトレーニングをパドレス傘下マイナーで迎える可能性が高い牧田和久投手。西武からパドレスに移籍した昨季は開幕前に中継ぎの主軸と期待されたが、27試合登板で0勝1敗2ホールド、防御率5.40。メジャーとマイナーを往復する苦しみのシーズンを送ったサブマリンだが、“魔球”カーブで打者を惑わせるシーンもあった。

 MLB公式サイトでは「対戦した選手が投票した、最もエゲツないボール」とのタイトルで特集を掲載。28球団のメジャーリーガー85選手(投手と打者両方から)にアンケートを行い、メジャー全投手の中で現在最も打てないボールのトップ10を“格付け“している。

 ワールドシリーズを制覇したレッドソックスのエース左腕クリス・セールのスライダーが16票でトップに選出されるなど、数々の名手の魔球が選ばれる中、「Kazuhisa Makita」のカーブも票を獲得した球として記されている。マウンドに指が触れるような独特なサブマリン投法から投じられる牧田の魔球については「(58マイル=約93.3キロの)カーブ」と、今回の企画で唯一、球速とともにも紹介。その“遅球ぶり”が強調されていた。

 牧田は昨年5月21日の敵地ナショナルズ戦で、59.6マイル(約95.9キロ)の超スローカーブを強打者ブライス・ハーパー外野手に投じるなど、目の肥えたメジャーファンをどよめかせてきた。今回の格付けの10位は、ロッキーズからFAとなっているアダム・オッタビーノ投手のスライダーで得票数は3票。「票を得た球種」という“次点扱い”で、カーショーのカーブ、チャップマンの直球、バーランダーの直球、大谷のスプリットなどと共に記された牧田のカーブの得票数は明らかになっていないが、最大で2票を手にしていた可能性もある。

 デビューシーズンの悔しさを乗り越え、メジャーのマウンドで牧田の魔球カーブが再び“炸裂“することを心待ちにしたいところだ。(Full-Count編集部)