ガチャガチャ「コップのフチ子」シリーズ生みの親を前に大興奮の大野智、まさかの仰天告白

©株式会社ジェイ・キャスト

「嵐にしやがれ」(2019年1月12日よる9時~・日本テレビ系) 「隠れ家ARASHI」コーナーのゲストは、大ヒットガチャガチャ「コップのフチ子」シリーズの生みの親、古屋大貴氏。

小さい頃からガチャガチャの大ファンだった大野智が、ガチャガチャの今昔事情を教わる。大野はいつもの口の重さが一変。眠そうな顔もどこへやら、やたら目をキラキラさせ、貴重な裏話の数々にいちいち反応していく。「子供んときやってたら、やっぱ大人になっても興奮しますよね」とまるで小学男子に戻ったよう。

「あ、こうこう! この音が好きだったんだよ!」とガチャガチャいう音と共に出てくる商品に大興奮。「これいいっすよね!」「うわー、 たまらねえ」「これは興奮するわ」とテンションアゲアゲ状態が続く。

なんとダンゴムシを鼻の穴に入れ、取れずに病院へ

MAXになったのが、今一番話題になっているというダンゴムシ。透明なカプセルに入らず、リアルに丸まった状態で出てくる。大野は「ダンゴムシ大好きだったんですよ。たまんないんですよ」と、広げると手の平いっぱいになるダンゴムシにニヤニヤが止まらない。

「昔、ダンゴムシを好きすぎて。鼻の穴に入れて、中で開いて、奥まで入っちゃって、病院行って取ってもらったんですよ」と聞かれもしないのに、仰天告白までやってのけたのだった。裏返して14本の足がきれいに生えそろった内側のリアルさに感動し、「あー、たまんないー」と身悶え。

このダンゴムシ、黒、白、青、グレー、オレンジとカラーも豊富。定価500円がオークションサイトで3倍近くに跳ね上がる人気アイテムと化している。大野も大人買いしそうな雰囲気満々なのだった。

知央