着せ替え人形“バービー”の実写映画、主演はマーゴット・ロビーに決定

©映画ランド 株式会社

世界で最も有名な女性の着せ替え人形バービーの実写映画『バービー/Barbie(原題)』の主演がマーゴット・ロビーに決定。映画の製作にあたって、ワーナー・ブラザースとバービー人形の製造元マテル社がタッグを組むことになった。

エンパイア誌によれば、マーゴット・ロビーは本作の主演を務めるだけでなく、自身のプロダクションであるラッキーチャップ・エンターテインメントを通じてプロデューサーも兼任することになるという。

マーゴット・ロビーは「この役を演じ、この映画をプロデュースすることはとても名誉なことである」と前置きしつつ、「世界中の子どもたちや観客にとてつもなくポジティブな影響を与えることになると信じている」と声明を発表している。

実写版『バービー』の製作はこれまでも噂されてきており、元々はエイミー・シューマーを主演に迎えて制作する予定であったが、2017年3月にスケジュールの都合で変更となり、その後アン・ハサウェイを主演に迎えると噂されたものの、実現するには至らなかった。

参考:https://www.empireonline.com/movies/news/margot-robbie-confirmed-live-action-barbie-movie/