「接続遮断」法制化を棚上げへ

通常国会の提出見送り

©一般社団法人共同通信社

 知的財産戦略を担当する平井卓也科学技術担当相は15日の閣議後記者会見で、漫画などを無料で読ませる海賊版サイトの閲覧を強制的に止める「接続遮断(ブロッキング)」の法制化に関し、今月下旬に召集される通常国会での関連法案提出を見送ると明らかにした。政府は昨年4月に法制化を目指す方針を決めたが、事実上の棚上げとなる。

 接続遮断を巡っては、憲法が定める「通信の秘密」を侵害する恐れがあるとして通信業界を中心に慎重論が強い。内閣府の有識者会議では法制化を求める出版業界と意見が対立し、報告書の取りまとめを断念する異例の展開となっていた。