乃木坂46・齋藤飛鳥主演「ザンビ」に3期生全員出演! 闇深い一面描

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビで1月23日にスタートする乃木坂46・齋藤飛鳥主演の連続ドラマ「ザンビ」(水曜深夜0:59)の会見が行われ、乃木坂46の秋元真夏、山下美月、与田祐希、渡辺みり愛らの出演が発表された。主人公・山室楓(齋藤)と気の合う写真部部長の西条亜須未役を演じる秋元は「サスペンス要素が強くなっているのですが、その中にも友情だったり仲間との絆を描いたヒューマンドラマになっている。今回は3期生が全員出演しているので、このドラマを見て乃木坂46の新世代の勢いを感じていただけたらなと思います」と見どころを明かした。

ドラマは、修学旅行中のバス故障により、見知らぬ村の廃屋で一夜を過ごしたフリージア学園の女子高生・楓たちが、学園に帰った後も不思議な現象に巻き込まれるストーリー。山下は気が強く思ったことを何でも口にする金村優衣役、与田はオカルト好きで霊感が強い甲斐聖役、渡辺は漫画研究会のメンバーで内気な性格の佐倉鈴音役を演じる。

優衣役の山下は「学校一のいじめっ子という、このドラマの中ではたぶん一番の悪役ポジションをいただき、とても光栄に思っております。自分との共通点はないですね」と苦笑いで役どころをアピール。また撮影では、優衣からいじめを受ける鈴音役の渡辺から「大丈夫だよ」と励まされたことを明かし、「『先輩あったかいな』と思いながら、心おきなく罵倒させていただきましたが、後からちゃんと謝りました」とも告白。

聖役の与田も「全員が同じ制服を着て学校生活を送る姿だったり、いじめがあったり、アイドルのキラキラした私たちではなく、割と闇深い、罪深い一面を見ていただけると思っています。そういった意味でも、このドラマにゾクゾクしていただけるんじゃないかなと思います。新しい一面がたくさん詰まったドラマだと思いますので、楽しみにしていただければと思っています」と乃木坂46メンバーの新境地が感じられる作品になっていると訴えていた。