住宅全焼、焼け跡から1遺体 「火が出ている」と息子から聞いた両親逃げる…息子は行方不明に/毛呂山

©株式会社埼玉新聞社

 15日午前6時55分ごろ、埼玉県毛呂山町滝ノ入、団体職員隅田豊和さん(55)方から出火し、木造2階建て住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかった。出火後、隅田さんの次男(19)と連絡が取れていないことから、西入間署は遺体が次男の可能性もあるとみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 隅田さんと妻(50)が顔などにやけどを負い、救急搬送されたが、命に別条はないという。

 同署によると、隅田さんは3人暮らし。次男が「火が出ている」と告げ、隅田さんと妻は屋外に逃げたが、次男の行方が分からなくなった。

西入間署=坂戸市関間