北海道の松前城、木造へ

復元に事業費30億円

©一般社団法人共同通信社

北海道松前町の松前城=13日

 北海道南西部・松前町は国指定史跡の松前城について、天守を江戸末期の建設当時と同様に木造で復元する方針を決めた。昨年12月の町議会で石山英雄町長が表明した。戦後に鉄筋コンクリートで再建された天守は老朽化で耐震性が危ぶまれ、改修を検討していた。整備期間は最短で16年、事業費約30億円を見込み、町は国や道に補助を求めたい考えだ。

 松前城は、北方警備の拠点として江戸幕府が松前藩に築城を命じ、1854(安政元)年に完成。国内最後の日本式城郭とされる。