全豪テニス、西岡は2回戦で敗退

フェデラーら3回戦へ

©一般社団法人共同通信社

男子シングルス2回戦でプレーする西岡良仁=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第3日は16日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第10シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に3―6、3―6、3―6で敗れ、四大大会初の3回戦進出はならなかった。

 3連覇を目指す第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)は勝ち、20年連続の3回戦進出。第5シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)がフランシス・ティアフォー(米国)に敗れる波乱があった。

 女子シングルス2回戦では昨年覇者で第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が順当勝ちした。

女子ダブルス1回戦でポイントを奪い、笑顔の日比野(右)、クラウチク組=メルボルン(共同)