韓国、徴用工問題などの解決模索

外相、具体策は示さず

©一般社団法人共同通信社

16日、ソウルの外務省で記者会見する韓国の康京和外相(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は16日、ソウルの外務省で韓国メディアを対象に年頭の記者会見を開いた。康氏は元徴用工訴訟などで冷え込んでいる日韓関係について「懸案を賢明に解決できるよう模索していく」と関係改善に意欲を示した。元徴用工訴訟への政府の対応策については「いろいろ検討している」とだけ述べ、具体的な発表時期や方向性は示さなかった。

 元徴用工訴訟問題で韓国政府が対応策を示さず、日本政府は9日に1965年の日韓請求権協定に基づく政府間協議を韓国側に要請。30日以内に返答するよう求めたとされるが、康氏は「要素を検討して政府の立場を整理していく」と述べた。