燃え上がる炎へ祈願 盛岡八幡宮でどんと祭

©株式会社岩手日報社

燃えさかる炎に無病息災と家内安全を願った盛岡八幡宮のどんと祭

 盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)のどんと祭は15日、境内で行われた。参拝者は持ち寄った正月飾りを燃やし、一年の無病息災と家内安全を祈願した。

 神事を執り行った後、約6メートルの高さに積み上げた門松や松飾り、お守りなどの正月飾りに清浄な火とされる「忌火(いみび)」で点火。火は勢いよく燃え上がり、参拝者は手を合わせ、新年の願いを託した。

 初めて訪れた小笠原孝誠君(米内小4年)、孝洋君(同2年)兄弟は「火が勢いよく燃え上がり、熱かった。家族が病気にならず、長生きできるようにお願いした」と願いを込めた。