ダイハツブースではミラトコットが3変化! 今後の市販化に期待大!?【東京オートサロン2019】

©オートックワン株式会社

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット スポルザVer.

シンプルなミラトコットの良さを活かした3つのカスタムモデル

東京オートサロン2019のダイハツブースにおいて、コペンに次ぐもう1台の主役を務めたのが、ダイハツ最新の軽自動車として2018年6月に登場したミラトコット。今回はカスタム路線の異なる3台のミラトコットが展示された。

ミラトコット スポルザVer.

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット スポルザVer.
ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット スポルザVer.
ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット スポルザVer.

ダイハツがここ数年東京オートサロンに出展している、

かつてのシャレード デ・トマソ

ミラTR-XX

を思い出させる赤と黒のツートンカラーを纏ったスポーツ仕様。カスタマイズされたメニューはローダウンサスペンション、16インチホイール、マフラー、エアロパーツ、ボディカラーと合わせた赤と黒のインテリアなどで、トランスミッションはCVTのまま、エンジンには手は加えられていないようだ。

ここまでやったらのならいっそ、スズキ アルトワークスに対抗するためのミラトコットのターボエンジン+MT仕様車なんかも見てみたいところだ。素のミラトコットがちょっと地味なスタイルだけに、そのギャップがウケそうな気がする。

ミラトコット アクティブVer.

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット アクティブVer.
ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット アクティブVer.
ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット アクティブVer.

アクティブVer.はその名の通り、機能面ではオフロードタイヤと組み合わされる15インチアルミホイール、リフトアップサスペンション、オリジナルのルーフラックや前後バンパーを装着、悪路での走行を想定している。インテリアには水に強そうなシートカバーやオールウェザーフロアマットなどを装着。キャンプなどに行く際に通る砂利道などでは、軽自動車ならではの小ささと軽さを生かし、頼りになるパートナーとなってくれそうだ。

ミラトコット エレガントVer.

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース ダイハツ ミラトコット エレガントVer.

エレガントVer.は、エクステリアではオリジナルのフロントバンパーやメッキパーツを多用しており、インテリアではオリジナルのシート表皮や加飾パネル、ドアトリムなどが特徴。ローダウンサスペンションにより車高を落としているほか、15インチアルミホイールを組み合わせ、クールな大人女子に向けた仕様に仕立てられている。

[著者:永田 恵一 / 撮影:和田 清志]