恐竜の歯の複製展示 長崎市立図書館 来月28日まで

©株式会社長崎新聞社

 長崎市立図書館(興善町)と市教委恐竜博物館準備室は、同図書館2階の展示コーナーで、市とオランダ・ライデン市の国立自然史博物館「ナチュラリス生物多様性センター」との交流事業を紹介している。2月28日まで。
 交流事業の一つとして、長崎市は同センターからティラノサウルスの骨格標本のレプリカを購入し、野母崎地区に2021年開館予定の恐竜博物館で展示することが決まっている。
 同図書館の展示コーナーでは、同センターの館長から田上富久市長に贈られたティラノサウルスの歯のレプリカを展示。ほかにも恐竜に関する図録などの資料が8点並び、うち6点は図書館で借りることができる。
 同図書館で職場体験学習中の市立茂木中2年、草野弘耀(ひろあき)さん(14)は「恐竜博物館がオープンしたらぜひ見に行きたい」と話した。

田上市長に贈られたティラノサウルス・レックスの歯のレプリカ
ティラノサウルス・レックスの歯のレプリカなどを展示する「~長崎市とライデン市の国際交流~」=長崎市立図書館