不適切部分の記述、要領から削除

違反認識し隠蔽か、厚労省

©一般社団法人共同通信社

不適切な抽出調査を正当化する記述が明記された2012年のマニュアル(左)と、記述が削除された15年のマニュアル

 毎月勤労統計の不適切調査問題で、厚生労働省の担当部署が作成した「事務取扱要領」と呼ばれるマニュアルから「大規模事業所は(本来のルールである)全数調査ではなく、抽出調査でも良い」と正当化する内容の記述が、2015年要領以降に削除されていたことが16日、分かった。

 要領は不適切調査が始まった04年から引き継がれていたが、ルール違反を認識し、問題が表面化しないように隠蔽した可能性がある。厚労省は弁護士らが入った監察チームで詳しい経緯を調べている。