災害をイメージできますか

©株式会社ウェザーマップ

今から24年前のきょう1月17日に、阪神淡路大震災が発生しました。当時、テレビから伝わってきた被害の凄まじさ・悲惨さに、子供ながらに大変驚愕し、今もその光景は瞳の奥に焼き付いています。
地震発生時(AM5:46)の神戸は、晴れて気温は3度くらい。風も強くなく比較的穏やかな天気でした。もし、きょうの北海道のように雪や風が強い状況で、地震が起きたらどうなるでしょう?
車の運転が困難になっているのに救急隊による救助に頼ってられる状況ではありません。また、本震による被害を免れても、氷点下の中で電気が使えなくなったら、どうやって寒さをしのぎますか?
様々な条件のもとで災害をイメージし、備えをしておくことが、身を守る一番の近道です。

気象予報士・山崎 貴裕

画像について:17日の天気予報。