テレ朝『モーニングショー』宇賀なつみアナ後任“三つどもえ”の戦い

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Aaron Amat / Shutterstock

テレビ朝日の人気アナウンサー、宇賀なつみアナが突然退職を発表した。1月11日、担当番組『羽鳥慎一モーニングショー』で、3月末をもって退職することを発表。その後については言及しなかった。

「視聴者も不意打ちだったでしょう。例えばフジテレビの場合、3月に辞める場合、前年12月に発表するのが常識。それが1月の途中でいきなり発表でしょ。結婚しているので妊娠退職かもしれません。だから退職後に触れなかった可能性もあります」(テレビ雑誌編集者)

宇賀アナは昨年5月に一般人男性と結婚。妊娠退職は不思議な話でもない。

「結婚や妊娠退社のアナがフリーになって復帰するのは珍しくありませんが、番組継続出演は例が非常に少ない。当然、宇賀アナは退職=降板となるでしょう。注目されるのは後任アナですね」(同・編集者)

一部報道では弘中綾香アナの名が挙がっている。彼女は現在『激レアさんを連れてきた。』のレギュラー1本。昨年9月までは、同局でエリート番組といわれる『ミュージックステーション』(Mステ)を5年間担当してきた。

「一応、Mステ担当はエース候補といわれてきましたが、どうも弘中アナはビジュアル的に賛否両論があります。一部芸能サイトのアンケート『好きな女子アナランク』で2位に入ったこともあるのですが、ランク自体『本当かな!?』のマユツバ疑惑がありました。弘中アナが後任というのは冒険かもしれませんね」(同)

 

後任候補それぞれの魅力あり

『羽鳥慎一モーニングショー』は今、民放の朝番組で1、2位の視聴率。後任に注目が集まるのは当然だろう。

「局内では、昨年まで『報道ステーション』(報ステ)のサブだった小川彩佳アナの名前も挙がっています。小川アナは現在。ネットTVの情報番組『AbemaPrime』のMCを担当。かつて『財務事務次官セクハラ事件』の際、会社に批判的な発言をしたために窓際に追いやられたともっぱらです。ただ、局内には小川アナ地上波復帰待望論が強くあるのです」(テレビ朝日関係者)

小川アナの他には、現在の報ステ金曜日MCの竹内由恵アナの名も浮上。

「竹内アナは、夕方ニュース『スーパーJチャンネル』のMCでしたが、たびたび男性関係を写真誌に報じられるなど問題があるため、お灸の意味で報ステの“1日MC”に降格させたという話もあります。竹内アナも小川アナ同様、有力後任候補と言えるでしょう」(同・関係者)

朝の人気番組を巡る“三つどもえ”の決戦。宇賀アナの降板は残念だが、後任候補もそれぞれ魅力たっぷりだ。

 

【画像】

Aaron Amat / Shutterstock