大槌旧庁舎、一部壊す 解体予定日の前に

©株式会社岩手日報社

重機で一部が壊された大槌町旧役場庁舎の金庫室=16日、同町新町

 大槌町が18日に本体解体を始める方針を示している旧役場庁舎で16日、庁舎西側の建物の一部が壊された。町と業者の連携不足や認識のずれにより、重機で解体準備をしていた作業員が判断し行った。平野公三町長は同日、緊急会見を開き「大変申し訳ない」と謝罪。町は工事の請負業者に工程順守を指導した。

 平野町長は記者会見で、「本体解体は18日以降としていたが、結果として日程より先行して一部解体が行われた。発表内容と事実が異なったことをおわびする」と述べた上で、「(解体は)意図的なものではない」と説明した。

 町によると、16日は解体工事を請け負う町内の業者とその下請け業者の6人が作業。18日に行う2階西側の壁面解体に向けて、大型重機で盛り土をしていた下請け業者の60代男性が作業の支障になると現場で判断し、西側1階に突き出た形で設置されている金庫室上部の角約60センチとひさし部分を壊した。