千葉氏が29日にも出馬表明

道議選室蘭市区

©株式会社室蘭民報社

千葉英也氏

 4月に予定される統一地方選の道議選室蘭市区(定数2)に、現職の千葉英也氏(49)が出馬する意向を固めた。25日に開かれる後援会役員会を経て、29日に正式に出馬を表明する見通し。

 千葉氏は室蘭民報の取材に対し「1期4年で得た知識を生かして行動し、政策を実行していく4年にしたい」と2期目に向けた決意を語り「実際に歩いて聞いた現場の声と本庁とのギャップを解消する」と意気込んだ。

 千葉氏は、2015年(平成27年)の前回選挙で自民党室蘭支部の公募で選ばれ、公認候補として出馬し初当選。現在1期目。道議会で自民党会派の自民党・道民会議に所属し、政策審議副委員長のほか党道連副幹事長、党室蘭支部長を務める。

 室蘭の未来づくりを掲げ、水素をはじめとする次世代エネルギーや人口減少対策などに取り組んできた。

 道議選室蘭市区には6期目の現職、滝口信喜氏(71)が無所属で出馬を表明しているほか、前回落選した前職、川畑悟氏(47)も出馬する意向で、前回と同じ顔触れによる争いとなる見通しだ。
(統一地方選取材班)