全線フル規格実現へ JR九州と意見交換 長崎県議会特別委

©株式会社長崎新聞社

 長崎県議会九州新幹線西九州(長崎)ルート整備特別委員会の八江利春委員長らは16日、福岡市のJR九州本社を訪れ、長崎ルートの全線フル規格化の実現に向け意見交換した。
 同ルートを巡っては、武雄温泉-長崎間は既にフル規格で建設が進んでいる。一方で、佐賀県の区間である新鳥栖-武雄温泉間の整備方式は決まっておらず、与党検討委員会は全線フルかミニ新幹線かに絞り協議。本県や同社は全線フルを求めているが、佐賀県側は地元負担増から難色を示している。
 意見交換は非公開。終了後に取材に応じた八江委員長によると、同社新幹線計画部の牛島康博部長と面会し、「新鳥栖-武雄温泉間の環境アセスなどに早く着手し、フル規格で着工したい」と本県側の意向を伝えたという。八江委員長は「気持ちは十分伝わったと思う。思いは同じだ」と話した。
 同日は福岡市の鉄道建設・運輸施設整備支援機構九州新幹線建設局も訪れ、全線フルへ協力を求めた。