すき家長時間労働訴訟が和解

鳥取地裁、500万円支払い

©一般社団法人共同通信社

 三つの牛丼店を掛け持ちし長時間勤務による睡眠不足で交通事故を起こしたとして、鳥取県湯梨浜町の元アルバイトの男性(22)が、中国・四国地方で牛丼チェーンを運営する「中四国すき家」に慰謝料などの支払いを求めた訴訟の和解が鳥取地裁で成立したことが17日、分かった。

 和解調書によると、昨年11月26日付で、すき家側が男性に500万円を支払う。

 訴状などによると、男性は鳥取県倉吉市の店舗で働いていたが、人手不足を手伝うため、2015年4月19日夜から20日にかけて岡山県津山市の店舗で12時間半勤務した後、鳥取県境港市の店舗で勤務するために移動し、事故を起こした。