『NGT48事件』の黒幕は『週刊文春』!? 指摘された“矛盾点”とは

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Grassmemo / Shutterstock

『NGT48』山口真帆への襲撃事件に対しては、いまだにさまざまなウワサが飛び交っている。中でも現在、ネット上で大きく騒がれているのが、襲撃犯と『週刊文春』の“黒いつながり”だ。

今回の襲撃犯の中心メンバーとされているI氏は、過去にツイッターで「『文春』からスカウトされた」「田野を文春に売った」などとつぶやいており、「文春」とつながりがあることをニオわせていた。

なぜ、ただのアイドルオタクであるI氏と「文春」につながりがあるのかは、お笑い芸人の劇団ひとりがネット番組『劇団ひとりの編集長お願いします。』で語っている。劇団ひとりいわく、「『文春』はAKBグループメンバーの1人に1人ずつ記者を付けているが、それらの記者は素人の大学生など。彼らはファンであるため、1日3000円程度の報酬で満足し、『文春』の手足となっている」というのだ。

そのような内の1人が、I氏であったのかもしれない。

「今回の事件について、いつになく『文春』のキレが悪いのも、この事件はそもそも『文春』の過激な取材が招いたからと業界内で囁かれています。『文春』の報道は他のメディアや山口真帆の供述と大きく食い違っており、事件を隠蔽しようとしているといわれています」(スポーツ紙記者)

 

全方位的にほころび始めている文春の報道

「文春」の報道では今回、襲撃犯とつながっていたといわれている太野彩香と西潟茉莉奈は、“個人的関係はない”「シロ」だとされている。一方ネット上では、以前に太野がネット配信で「ジョー会」「私が言い出しっぺなのに」などと発言している動画が掘り起こされた。この「ジョー会」とは、襲撃犯のメンバーが在籍しているものらしく、太野が襲撃犯と以前から接点があったことをうかがわせる。つまり「文春」の言う“個人的関係はない”という点とは矛盾が疑われるのだ。

「事件が表沙汰になった直後、『文春』は襲撃犯が山口と同じマンションに1年以上住んでいたと報道。しかし1月17日発売の『文春』では、襲撃犯が『NGT48』の“あるメンバー”に、山口の帰宅時間を聞いていたと記載されています。もし同じマンションに住んでいたのなら、わざわざ帰宅時間を聞く必要などないのでは? また、用心深いとされる山口さんが、危険なオタクが住んでいるマンションに1年間も住み続けることは考えにくい」(同・記者)

そして、今回の襲撃犯のリーダーを「文春」は『NGT48』中井りかの交際相手・Zだと報じているが、中井はツイッターで「メディアで、勝手に名指しされてしまったのではっきり言います。私は全く、関係ありません」と否定。Z氏も「文春」を名指しして、報道を否定している。

さらに、「文春」は今回の襲撃犯を山口のファンだと報じているが、『スポニチ』は取材の結果、襲撃犯は「山口の熱狂的なファンではない」と1月16日の記事で断言している。

 今回の報道により、ネット上では、

《一番衝撃だったのは、今まで信用してた文春さんが実は全く信用できないメディアと分かったこと》
《真実をちゃんと記事にしてくれるとこを支持します! 文春つぶれろ!》
《文春なんて今後信用できないね》

などなど「文春」のアンチが続出中だ。

果たしてこの事件の真相は…。

 

【画像】

Grassmemo / Shutterstock