「さすらい温泉♨︎遠藤憲⼀」南キャン・しずちゃん、酒井若菜らがマドンナ出演!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で放送中のドラマパラビ「さすらい温泉

同作は、「役者引退宣⾔」を発表したとうわさされる遠藤憲⼀が、⾝分を隠し「すご腕の男仲居」として⽇本各地の秘湯・名湯で働き、そこで出会ったワケあり美⼥たちの事情に首を突っ込み、⾏きずりの⼈々の「⼈⽣」に触れながら明⽇を⽣きる⼒を得る姿を描く密着温泉ドキュメンタリードラマ。第四湯で、宴会の余興にやって来た漫才師を演じる南海キャンディーズ・山崎静代は「遠藤憲一さんが本当に優しくてすてきな方で、お芝居を引っ張ってくださり、すごくやりやすい状態を作ってくださいました。めっちゃ楽しかったです! 見どころは本業の漫才師の私たちより、遠藤憲一さんと天津・木村さんの漫才の方がガチでウケているところです(笑)」とコメント。

第五湯では、佐々木すみ江が戦争で亡くした婚約者を思い、1人で宿を訪れる女性・澄恵役を、そして、その女性の若い頃を堀田真由が演じる。佐々木は「おばあさんでこんな素晴らしい役はないのじゃないかしら…。遠藤さんが優しくて、本当に楽しかったです。私の若い時代を演じて下さった堀田真由さん。奇麗だし、かわいらしいし、難しい役を見事になさって」と述べると、堀田は「佐々木さんとはお芝居でご一緒することはできなかったのですが、お話させていただく機会があり、その時に感じた澄恵さんの柔らかく温かな雰囲気を大事に演じさせていただきました」と語った。

第六湯のマドンナは加藤貴子で、モンスタークレーマーの元スター⼥優・多⾹⼦役を演じた。「ささいなことで言いがかりを付けたり、いつも不機嫌な人っていますよね。はたから見ていると『そんなに怒らなくても…』と思ってしまうような。でも、そんなふうになってしまうのには、必ずその人なりの事情や、そこに至るまでのいきさつがあるんだなって共感するところを見つけながら演じました」と役柄を分析している。

そして、第七湯のマドンナである仕事一筋の美人おかみ・和佳奈役を演じたのは酒井若菜。「現場も温泉も温かく、最高な撮影でした」と言う酒井は、「癖のある登場人物たちに翻弄(ほんろう)されるおかみの心を、ケンさんがどうほぐしていくのか。大人の無邪気な恋模様をお楽しみください」とアピールした。