インフル、兵庫県で警報レベル 予防の徹底呼び掛け

©株式会社神戸新聞社

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は17日、インフルエンザの定点調査を行う県内199医療機関で、7日~13日の患者数が1カ所当たり35・21人となり、警報レベルの30人を上回ったと発表した。県疾病対策課は手洗いやせきエチケットの徹底に加え、発熱、せき、喉の痛みが出た場合には水分補給と休養を取ることを勧めている。

 保健所・健康福祉事務所の計17カ所中13カ所で30人を突破し、中播磨が54・50人と最多だった。

 直近5週間に報告された患者1万2989人中、15歳未満が59%。小中学校の臨時休業が相次ぎ、13日までの1週間で学年閉鎖は11件、学級閉鎖は44件に達した。

 今期に県内の患者から検出したウイルスは、2009年に流行した新型が41件、A香港型が27件だった。

 同課は「急に38度以上の熱が出て全身の倦怠感も伴えば感染の可能性がある」として早めの受診を呼び掛けている。(佐藤健介)