サッカー日本、1位で決勝Tへ

ウズベキスタンを2―1で下す

©一般社団法人共同通信社

日本―ウズベキスタン 後半、勝ち越しゴールを決め、武藤(右端)らに祝福される塩谷(中央右)=アルアイン(共同)

 【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのアジア・カップ第13日は17日、アラブ首長国連邦(UAE)のアルアインなどで1次リーグ最終戦が行われ、日本はウズベキスタンを2―1で下し、F組1位でベスト16による決勝トーナメントに進んだ。21日の1回戦でE組2位のサウジアラビアと対戦する。

 F組のもう1試合はオマーンがトルクメニスタンに3―1で勝ち、勝ち点3の3位で16強入り。

 E組はカタールが2―0でサウジアラビアを下し、3連勝の勝ち点9で首位通過。サウジアラビアは同6。レバノンは4―1で北朝鮮を退けた。

サッカーのアジア・カップ、ウズベキスタン戦の前半、ヘディングで同点ゴールを決める武藤(右)=17日、アルアイン(共同)
サッカーのアジア・カップ、ウズベキスタン戦の後半、勝ち越しゴールを決めた塩谷(左)=17日、アルアイン(共同)