色とりどり洋ラン 高崎高島屋

©株式会社上毛新聞社

 多種多様な洋ランを楽しめる「第49回群馬洋蘭展」(群馬蘭協会主催)が17日、群馬県高崎市の高崎高島屋6階催事場で始まった。色とりどりの約210点が来場者の目を引いている=写真。21日まで。

 大輪のカトレアをはじめ、丸みが愛らしいリカステ、密集した小ぶりな花が特徴のデンドロビウムなどが並ぶ。審査も行われ、最高賞の知事賞に細野清子さん(伊勢崎市)のカトレアが選ばれた。若山宏会長(71)は「原種の素朴な美しさや交配種の華やかさを見比べて楽しんで」と話した。