管理栄養士おすすめ!風邪をひいた子どものための栄養満点レシピ3選

©日本食糧新聞社

大阪在住、ワーキングママ管理栄養士のまっちーです。冬になると手洗いうがいをしっかりして気をつけていても、子どもは風邪を引きやすいものですよね。
風邪を治すためには身体を温め、栄養をしっかり摂ることが大切です。子どものために、身体を温めて栄養価が高く消化に良い、時短で簡単に作ることができるメニューを3つご紹介します。

たっぷりネギ生姜雑炊

鍋で雑炊を作ると時間がかかりますが、電子レンジで調理すると時短で作ることができます。生姜のショウガオールは身体を温める効果があります。身体を温めると免疫力がアップしますよ!

【材料】2人分
炊いたご飯 茶碗1杯
ネギ 1本
卵 1個
水 400cc
和風粉末出汁 小さじ1
濃口醤油 小さじ1
みりん 小さじ1
すりおろし生姜 小さじ1

【作り方】
1.ネギを小口切りにする。

2.耐熱ボウルにネギ、ご飯、卵、水、和風粉末出汁、調味料、生姜を入れて混ぜる。

ラップをして500Wで4分加熱する。

鶏肉とほうれん草の茶碗蒸し

蒸し器で作る茶わん蒸しを電子レンジで手軽に作ります。卵にはタンパク質を構成するアミノ酸が多く含まれているので免疫力アップに繋がり、ほうれん草にはビタミンCが多く含まれています。刻んだうどんなどを入れてアレンジしてもおいしいですよ。

【材料】2人分
鶏肉 70g
料理酒 小さじ1
ほうれん草 1束
卵 2個
水 150cc
粉末和風出汁 小さじ1/2
濃口醤油 小さじ1/2
みりん 小さじ1/2

【作り方】
1.ほうれん草はザク切りにし、鶏肉は5mm角に切って耐熱容器に入れ、酒をふって電子レンジ500Wで2分半加熱する。

2.卵、水、調味料をボウルに入れてよく混ぜる。

3.器に加熱した鶏肉、ほうれん草を入れて、(2)を茶こしでこしながら器に入れる。

4.ふんわりとラップをかけ、つまようじで10ヵ所穴を開け、電子レンジ500Wで3分加熱する。3分加熱しても固まっていなかったら10秒ずつ足して様子をみてくださいね!

とろとろはちみつみかんドリンク

みかんに含まれるビタミンCとはちみつの殺菌作用で風邪に効きますよ! みかんの風味がしっかりとするドリンクです。すりおろし生姜によって身体も温まります。

【材料】コップ1杯分
みかん 2個
片栗粉 小さじ1
はちみつ 小さじ1
すりおろし生姜 小さじ1/4

【作り方】
1.みかんを半分に切ってコップに絞り出す。

2.片栗粉、はちみつ、生姜を良く混ぜ、ラップをして電子レンジ500Wで30秒加熱する。

3.一度取り出してかき混ぜ、さらに電子レンジ500Wで40秒加熱する。

風邪を治すために有効な栄養は

<ビタミンC>
身体の免疫力である白血球の働きを高めてくれます。風邪に対する抵抗力を高め、風邪の原因であるウイルスの感染を防止してくれます。
含まれている食材:果物、緑黄色野菜など

<ビタミンA>
喉や鼻の粘膜を強化し、ウイルスの侵入を防ぐ効果があります。
含まれている食材:人参、かぼちゃ、レバーなど

<ビタミンE>
抗酸化作用があり、免疫機能の低下を防ぎます。
含まれている食材:アーモンド、ごま、鮭など

<タンパク質>
喉や鼻の粘膜を作るもとになります。肉や大豆製品には特に免疫力アップに効果のあるグルタチオンが含まれており、卵はグルタチオンのもとになるアミノ酸が豊富に含まれているので積極的に摂りましょう。