日産、米工場で人員削減へ

最大700人、需要減で

©一般社団法人共同通信社

横浜市の日産自動車本社

 【ニューヨーク共同】日産自動車は17日、米南部ミシシッピ州の完成車工場で最大700人の人員を削減することを明らかにした。ピックアップトラックやバンタイプの需要減に対応し、在庫を適正な水準に維持する狙いがある。

 この工場では、ピックアップトラック「タイタン」や商用バン「NVカーゴ」、セダン「アルティマ」などを生産している。需要減を受けて生産体制を見直し、今月25日から現在2交代制のバンタイプの交代制を取りやめるほか、2月25日からピックアップトラックを3交代制から2交代に切り替える。

 人員削減は3月から始める。55歳以上の従業員を対象に行う予定という。