乳児暴行死、二審も無罪

©一般社団法人共同通信社

 奈良県天理市で2016年、生後5カ月の長女を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親(26)の控訴審判決で大阪高裁は18日、無罪とした一審奈良地裁判決を支持し、検察側控訴を棄却した。