引き続き暴風雪警戒

胆振地方、今冬一番の冷え込み

©株式会社室蘭民報社

強風で剥がれた屋根を固定する消防隊員=17日午後2時10分、室蘭市日の出町

 胆振地方は17日、冬型の気圧配置が強まった影響で、吹雪に見舞われた。室蘭の最低気温は、今季最低の氷点下9・1度、最大瞬間風速25メートルを記録した。登別と伊達でも今季最低気温を更新。室蘭地方気象台は引き続き、強風や吹きだまりによる交通障害に注意を呼び掛けている。

 各地の最低気温は伊達大滝氷点下14・4度、登別同12・4度、伊達同10・4度、苫小牧同9・9度など。

 JR北海道によると、吹雪による視界不良などの影響で、函館発札幌行き「特急スーパー北斗13号」が45分程度遅れたほか、普通列車にも遅れが出た。室蘭市消防本部によると、家屋への被害が1件。NEXCO東日本によると、道央自動車道の虻田洞爺湖インターチェンジ(IC)―白老IC間の路面凍結のため、時速50キロ制限(午後6時半現在)となっている。

 同気象台によると、きょう18日も引き続き、暴風雪への警戒が必要。夕方まで雪が降る所もあり、同日午後6時までの24時間予想降雪量は15センチ。室蘭市の予想最低気温は氷点下8度。

 あす19日は冬型の気圧配置が緩む見込み。
(鈴木直人)