大学生の就職内定率「過去最高」

昨年12月時点、87.9%

©一般社団法人共同通信社

昨年10月1日、大手保険会社の採用内定式に臨む学生たち=東京・丸の内

 厚生労働、文部科学両省は18日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が昨年12月1日時点で87.9%になり、この時期としては調査を始めた1997年春卒以降、過去最高となったと発表した。前年同期比1.9ポイント増で、8年連続上昇した。

 男女別では男性87.5%、女性88.5%。文系が87.7%、理系が89.0%だった。地域別では関東が90.5%と最も高く、近畿89.9%、中部88.1%と続いた。最も低かったのは九州の80.5%。いずれの地域も前年より上昇した。

 大学生の内定率は全国の国公私立大から62校を抽出し、対象の学生に聞き取りをし調べている。