浅田真央「思い出すと手に汗をかく」ソチ五輪フリー、極限状態の心境語る

©株式会社東京ニュース通信社

1月19日放送の関西テレビのバラエティー「ウラマヨ!」(土曜午後1:00、関西ローカル)に浅田真央が出演。「関西人が真央ちゃんに聞きたい100の質問SP」と題し、フィギュアスケートからプライベートに関することまで、浅田に質問をぶつける。

同番組はブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)が司会を務め、普段なかなか見られない大ヒット商品や流行、業界のウラ側をのぞき見する痛快爆笑バラエティー。引退後、関西ローカル番組に単独での出演は初めてという浅田がスタジオに登場すると、観覧客から「キャー!!」というかつてない大歓声が上がった。ブラマヨ・吉田は「お客さんの“キャー”を聞いた瞬間に鳥肌が立ちました。もう感動してしまいました」と収録冒頭から大興奮。浅田の大ファンだという、かつみ♡さゆりの♡さゆりも「ゲストに呼んでもらってありがとう! 本物!」と泣き出しそうな勢い。そんなウェルカムムードでスタジオに迎えられるも、浅田本人は「収録とかあまり経験ない。関西なので、お笑いには厳しいんじゃないかと思って」と緊張気味だった。

早速、「トップ選手になったらいろいろお金がかかりませんか?」という質問で、衣装代、靴代、振り付け料などフィギュアスケート現役時代のお金事情が明らかに。続いて「現役時代、一番思い出深い演技は?」という質問に、「ソチオリンピックのフリー。(思い出すと)すごい手に汗をかく」と浅田。2014年のソチオリンピックで、日本中の期待を一身に背負いながらも、女子シングルのショートプログラムでまさかの16位という結果になった当時の極限状態だった心境や、翌日のフリーの演技直前にファンの声援で救われたという感動のエピソードを語る。

浅田との初共演を終えたブラマヨ・小杉は「ほんまに優しさの塊というか、いろんな人に愛されて、そしてまたその感謝をみんなに返そうという思いが伝わってくる素晴らしい人やなって感じました」と絶賛。吉田も「超一流になればなるほど人間って逆に話しやすくなるんやなって。偉そうにする部分が全くない」とこちらも感動しきりだった。