救急車横転し患者ら負傷、北海道

雪でスリップか

©一般社団法人共同通信社

北海道由仁町で患者を搬送中に横転した救急車=18日午後(北海道警提供)

 18日午後4時20分ごろ、北海道由仁町新光の国道234号で、80代の男性患者を病院に搬送していた救急車が横転し、患者や救急隊員ら乗っていた5人全員が頭を打つなどして負傷した。患者は骨折の疑いがあり、他は軽傷とみられる。栗山署は雪でスリップしたとみて当時の状況を調べている。

 署によると、横転したのは南空知消防組合由仁支署の救急車で、患者の妻も付き添いで車内にいた。路面は圧雪され、滑りやすくなっていた。

 患者は、脳梗塞の疑いがあるとして由仁町の自宅から町内の病院へ運ばれていた。事故後、別の救急車で搬送された。